忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~

ジョジョの奇妙な冒険 (59) (ジャンプ・コミックス)

工学的理論とか制御ってスタンドっぽいなぁと。

超能力を具現化させて一つのキャラとした。
その荒木氏の「功績」にはただただ脱帽である(笑)

スタンドの魅力に関しては諸論あるが、
得意分野と不得意分野がはっきりしていて
なおかつチームプレーでそれを補いあったり、
チャンスをモノにして得意分野へとひきずりこんだり。
そこらへんがスタンドの面白さでもあるんだろう。

シアー・ハート・アタックなんかだと
遠距離なのにパワー型!
ダメージは本体とは無関係!
機能アルゴリズムが簡単なため
帰ってくるまで戦闘が終わったかどうかがわからない。

なんて特徴があるわけだが、
たとえばスイッチング制御をスタンドっぽく表現してみよう(笑)

スタンド名:ザ・スイッチング
能力:位相空間を自由自在に操る力を持つ。
    一度ザ・スイッチングの位相空間に引きずり込まれると
    位相原点へと送り返されてしまう。
弱点:位相空間を操っている間は手が振動的になり、スキが生まれる。


ね?制御理論ってスタンドっぽいしょ?

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
質問する能力(具体例編) HOME 脳にいいことだけをやりなさい!
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター