忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日6月28日は、私にとってとても重要な記念日である。

2008年は北海道で洞爺湖サミットが開催された年であると同時に、
北海道大学で国際学生サミットが開催された年でもあり、
そして6月28日と29日こそその当日だったのである。
実行委員長として2007年の発足から怒涛の1年を過ごした。

過去のブログ等を見なおしてみても、
実は当日のことを記載したことがあまりないことに気付いた。
札幌で迎える記念日はおそらく今年が最後のようにも思えるため、
ここに記しておこうと思う。

時は2007年、学生サミットの1年前である。
私はとある起業塾の塾生であった。
サークル運営に色々と頭を悩ませると同時に、
ロボット研究者としての将来に不安を覚えていた時期でもある。
そんな時、塾長から洞爺湖サミットに合わせて学生も動けばいいのに、
といった内容の言葉を頂く。
人生初の「でかいイベント」に燃えた私は、
その後の辛さを知らず人を集めてサミットへと突き進むのであった。

さてこの学生サミット。
札幌を活動拠点とした多くの学生団体を集め
座談会やプレゼンテーションを行うことでお互い切磋琢磨し、
その模様を広く発信しようという内容であった。
一見簡単そうに見えるこのイベントも山あり谷ありで四苦八苦したことを覚えている。

今思えば不思議なほど優秀なメンバーたちが集まっていて、
不甲斐ない私は彼らの世話になってばかりだったことがとても情けなかった。

ちなみに毎年行われている子供向けロボット製作イベントは、
この学生サミットの活動の一環として今も続いている。

当日は始終緊張しっぱなしで、昼食の味もわからない。
これはみんなの役に立っているだろうか?楽しんでもらえたろうか?
そんなことが頭の中を回り、楽しむ余裕など無かったようだ。

イベントも幕を閉じ、クラーク会館の前で記念写真を撮ったあたりから、
安堵感に包まれると同時に複雑な心境になった。
申し訳なさやら感謝やら。
その後の、多くの仲間に囲まれてのジンパは人生の中で最も美味しく頂いた回である。

あれから4年。
あの時からは色々変わった。
就職した人。札幌を離れた人。結婚した人。
私はといえば、余り変わってないのかもしれない。
細かいスキルは伸びた。
でも、あの頃の青臭いまでの熱意は薄くなってしまったようにも思える。

毎年毎年、あの頃を思い出し自分を奮起させる。
あれがみんなにとって何かしら良い影響があったことを願うばかりだ。

そんなこんなで、今日はとっても大事な日なんだ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Uni.SUMMIT、参加者としてとても懐かしい思いです。僕は当日招かれて参加しただけなので、サミットに向けての苦労は共有できませんが、あのとき受けた刺激は今でも糧になっています。
就職して、札幌を離れ、仕事に終われる日々ですが、いつまでも挑戦する心を忘れないでいたいものです。
白石 2012/07/01(Sun)  17:11 編集
帰ってきたケロロ HOME まさかのグラフィックボード交換
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター