忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
突然ですが電電はヴァイオリン弾きです。

今日(というか昨日)は以前所属していたオーケストラの演奏会でした。
懐かしい同期のメンバーと久々に盃を酌み交わしたわけです。

ほとんどが就職決定し、一部は既に社会人。
なんだかみんな自分より先に進んでいる気がして正直焦る。
一人はガーナで教師をしていると言う。

自分の限界へと挑戦している仲間たち。
以前見た仲間たちはもうそこにはいないのかもしれない。

久々に握ったカメラはなかなかシャッターを切れずにいる。
それでも
笑顔を向けてくれる人をフレームに収め、
その一枚一枚が自分の心へと刻まれるようだ。

自分は必要なことをやれているだろうか。
こんなにも焦るのはやれていない証拠なのだろう。
口をあけて待っていてもチャンスは落ちてこない。

目標とするところへ全速力へ駆けて行き、目標値を超えてしまうことを工学的なオーバーシュートという。
目標に向かって収束していくと、結局目標値へたどりつくまでに時間がかかってしまう。
目標とはおそらく「及第点」なのだろう。
80点を目指すなら100点を目指すくらいのオーバーシュートが必要なのかもしれない。

そんなことを考えながら焼酎をちびちびやってた電電なのでした。
PR
先日モエレ沼公園で開催された
「空祭り2008」のスタッフをしてきました。

アーティストの丸山君と中田くんはすごいわー!
なんかね、一丸という言葉は彼らのためにある感じです。

企画期間が短かったらしいことから大変だったそうですが、
それでもみんなを何とかまとめる彼らのカリスマもすごい。

スタッフをやるまで彼らの言う「空」や「場所」の大切さに
ぴんとこなかったケロロでしたが、やっとわかった。

いまでも頭の中で彼らの歌がループしています

「つながるために 空を見上げ
 わらう君に 空ごと全部あげる」


宮沢賢治は天才だと思っていた。

きっとそうだ。

他に例を見ない独特の日本語。

ケロロの日本語がおかしいのもその影響を受けているみたい。

つらいつらい人生の中、

ひたすら執筆した作品達。

それはそれは

とてもあかるい交流電灯のようでありました。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター