忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祖父が他界した。
享年93歳。
2度の戦争出兵経験。
老衰であった。

満州への出兵において、祖父は理不尽な軍国主義の被害者であった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その昔、祖父がまだ若かったころ。
満州という場所があったころ。

慣れない銃を抱え、祖父達とその中隊長は
大隊長から厳命を受けた。

「敵ヲ殲滅セヨ。状況ガ不利デアッテモ、オ国ノタメニ命ヲ捧ゲヨ。」

状況は圧倒的に不利であり、誰もが自分達の壊滅を覚悟せねばならなかった。
倒れ行く仲間。
夜襲。
泥水をすすりながら、地面に這い蹲りながら、
弾に当たらぬよう、じっとこらえる。

精神的にも状況的にも追い詰められた祖父達。
とうとう中隊長は決断した。

「みんな、今持っている弾を全部撃ちつくせ。本陣に帰ろう。」

命を捧げろと厳命を受けた祖父達は、一筋の希望をそこに見たのだった。

帰りの道中とて戦場である。
本陣に命からがらたどり着いたとき、
失った戦友の数多さに改めて愕然としていた。

だが大隊長は鬼だった。

「なにぃ?敵前逃亡だと?」
大隊長の目がギラリと光る。

「中隊長以下、全員銃殺ー!!」

この時の祖父達の絶望感は筆舌に尽くしがたい。

しかしその数日後、日本は降伏宣言。

祖父達はその命をつないだが、中隊長だけは帰ってこなかったそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が記憶する祖父は、いつも笑顔を絶やさず、ユーモアを忘れない人物であった。
やさしすぎるがゆえに人に騙されることもあった。
苦悩も多かったようだ。

そんな祖父が残した言葉を、私はまだ覚えている。

「幸せってのは自分で決めるもんだ。
幸せが逃げたら、そりゃ心は痛むだろうさ。
でも手足をもがれたってわけじゃない。
実は、痛くもなんとも無いのさ。」

20年以上前に死別した祖母と再会した祖父。
いったい何を語るのであろうか。

きっと二人で新しい幸せを見つける旅に出たに違いない。
祖父の幸せを決めるのは、きっとまた祖父なんだろう。
PR
今日卒業したケロロです。

かなりの分量の写真をとりました。

これでもかってくらい撮った。

今日でもう会えなくなる人も多い。

寂しいのが苦手なケロロにとっては辛い一日でした。

サークルとも研究室とも違うこの空気は何にも代えがたい。

今までに撮った写真はゆうに2万枚を超える。

いまでも時間を見つけてはチラチラ見たりする。

貴重な外部記憶装置は、見るたびに新たな発見があり

それはその時間を再度体験していることになる。

あらたな写真の楽しみ方なのかもしれない。

4年間楽しかった。

ありがとうみんな。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター