忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
 昨日に続いて広瀬教授のお話。

教授はアンチヒューマノイド派らしいです。
アシモ(Honda)そのものはすばらしいといいつつ、
「将来のロボットの姿が人間である必要性はない」と述べていました。

生物、特に人間は「理想的な形をしていない」とのことです。
ヒューマノイドは技術的に難しく、技術進化の自然な流れにも反する、と。

「人間と共存するなら、人間型のほうが心理的敷居が低いのでは?」
との反論に対しては、
「ウォシュレットが人間型ロボットになったら使いますか?」と。

うーん、なるほどと思うことばかりです。

広瀬先生が思うに、
将来的には「いったいロボットはどこへいったのだ?」という世界になるそうです。
消えたわけではなく、見えない場所で働くようになると。

要は、家電のロボット化や、極所(海底や宇宙、高山等)で活躍するってわけですね。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
研究者っていろんな立場で主張するものなんですよね~

僕が大学生のときにいたゼミでは、人間型ロボットの研究をしてるところだったでもろにヒューマノイドロボット研究してました。
でも、センサーネットワーク関係も研究対象だったのでロボットだといってたり、携帯アプリやPCも広義ではロボットだってました。

今の勤務先では自動化機械(工場のライン)をロボットって指してたり、それを作るために直行ロボットという名称の機械を使用したり・・・

なんかロボットって何なんだ?って思っちゃいますね~
はとぽっぽ 2011/03/05(Sat)  22:58 編集
無題
>はとぽっぽさん

結局のところロボットの定義って曖昧ですよね。
かといって広義的に家電をロボット扱いしても
なかなかピンと来ませんし。

ただ、一般人が思うところのロボットと
研究に携わった人々のロボット概念も
相当大きな差があるようにも思えます。

おそらく日本の文化的なロボット概念のシンボルが持つ
印象の強さがなせる業なのかもしれませんね。
Denden 2011/03/06(Sun)  21:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
英単語は重要だが、匠さはまた別である HOME 広瀬先生の講演聞いてきた!
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター