忍者ブログ
 http://wiredvision.jp/news/201105/2011051018.html

こいつはいい!
静電で壁に吸着する壁のぼりロボットだそうだ。

高電圧低電流による低電力を特殊なポリマーに流してやれば
多少凹凸のあるモノであってもくっつくらしい。

足場のないところでもスイスイだね。
あとは指のないドラえもんでも何でも持てちゃう!
というかドラえもんはガチでそういう仕組みだったのかもしれない。

何でもくっつく手なんて不自然だよーなんて思ってたら
本当に科学が実現してしまいましたね。
これからが楽しみな技術の一つです。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ヤモリだったかは足にたくさんの毛が生えててファンデルワールス力(りょく)で貼り付いているそうです。これは電荷がいらないみたいです。
一二三 2011/05/10(Tue)  18:21 編集
無題
ヤモリも面白いよねぇ。
あれも確か技術的に実現されていた気がする。
粘着性とは違うのであれば、
用途をいろいろ考える必要があるね。
Denden 2011/05/17(Tue)  20:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
タチコマの三又足は合理的らしい HOME 陸に上がった動物が困ること
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター