忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
 今日から大学院は新学期の授業が開始いたしました。

初回は自然言語機能。
人間の言葉を工学的に再現しましょうってことです。

人間の言葉はとてもあいまいで、
単なる品詞分解などでは意味を知ることはできません。

たとえば、
光陰矢のごとし、を英語にしてみましょう。
Time flies like an arrow.

まんまですね。時間は矢のごとく飛んでいく、と。
んで、これをコンピュータに訳させるとどうなるでしょうか?

★時間は矢のように飛んでいく
★「時バエ」は矢が好きだ

とまぁ、こんな変な解釈さえできるわけです。
後者に関しては「常識的に考えてありえないだろう」となる。

が、コンピュータは常識なんてものはありませんので、後者でも堂々と解をだす。

ではどうするか?
っていう授業なわけですよ。

面白そうですねぇ~
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
人工知能プログラミングってやつで数学的な再帰的処理を使ったものならやったことがありますが。言語って難しいですよ、でも面白いと思います。
一二三 2011/04/11(Mon)  20:51 編集
無題
>123
AIも難しいよねぇ。
でもなにやらペンタゴンが
「全言語を理解するC-3PO的ロボットの開発」
をしているらしいよ?
電電 2011/04/12(Tue)  03:58 編集
無題
Googleとどちらが先に作るか見ものですな
一二三 2011/04/14(Thu)  12:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
新型風力発電機は台風でも大丈夫だそうだ HOME 東日本大震災 福島原子力発電所対応 緊急対応ロボット開発
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター