忍者ブログ

何だろうね。

素人の頭でグリグリ考えてみるよ。
まず実用性と法整備の2点じゃないかな。

日本のロボットの大半は「公道を走れない」んですよ。ナンバー無いからね。
車検も通らないし(笑)
それに日本の中だけで活躍できても海外で活躍できなきゃどうしようもないよね。
このロボットレスキュー隊を国連直属の機関にして国際レベルで汎用な活動権限を与えるとかね。

そうすれば重機みたいな扱いで海外にでも飛んでいけるんじゃないかと。
安易かな(笑)?

実用性を言うのであれば、ロボットそのモノを派遣する前段階として
通常のレスキュー隊にロボット要素を印加したものが派遣できたらいいんじゃないかな。
どんどんレベル上げをしていけば世界からの注目も集めることが出来るし、
先進国が加盟して資金援助することで保険・開発資金も得られるだろうし。

世界どこで起こるかわからない大災害のためには世界レベルで皆が保険、助け合うシステムが必要だと思うんだ。

その一つになればいいな。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
寂しいときこそバラードを HOME プライドと誇りの違い
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター