忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その昔、世界は圧倒的に教師より師範の数が多かった。
その数は20世紀に入って逆転したように思う。

師範と教師は圧倒的に違う。

教師とは「教える行為」で飯を食う。
師範とは「教える内容」で飯を食う。

料理人を例に挙げると、それは師範である。
料理そのもので稼ぐわけで、弟子はその技を盗んでいく。

学校の教師は、子供たちの教えるという行為で給料を貰う。

師範に教えを請う場合は弟子は頭を床にこすりつけでも傍において欲しいと懇願する。
是非その技を、秘伝を自分に伝授して欲しいと。

そういった意味で教師は20世紀に入り立場が低くなってしまったようだ。
昔の教師は師範的なイメージが強く、子の親も教師には深々と頭を下げた。

教師の質うんぬんかんぬん以前に、教師のスタイルが変わりつつある。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
7つの習慣 HOME 集中力は30分 でもテストは2時間
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター