忍者ブログ
~自発的総合教育のツールを考える~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Photo by Kossy@FINEDAYS



「すみません」とは「申し訳ない気持ちで、心が澄みません、晴れません」というのが語源だそうだ。
言ってみれば「自責の念」を表現しているわけである。

がしかし、いつから「すみません」は自己容認としての役割も担うようになったのか?

「バカですみません」
「天然ですみません」
「空気読めなくてすみません」
「ついていけなくてすみません」
「料理できなくてすみません」
「鈍感ですみません」
「自信なくてすみません」
「いつまでも子供ですみません」
「掃除できなくてすみません」
「字が汚くてすみません」


いつのまにか
「わたしはそういう人間なので、そこんとこ容認した上で勘弁してください」
というニュアンスが含まれてきた。

自責の念の解決を相手にゆだねた形となる。
要するにこの用法は「自」でも「責」でもなくなっているわけだ。

馬鹿でもアホでも鈍感でも別にかまわない。
そこらへんは本件の本質とは無関係だ。
注目すべきは、謝るふりをして相手の容認に甘んじる姿勢、それを求める姿勢」そのものである。

「すみません」は便利な言葉だが、使い方には気をつけたい。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日本から消えることにした HOME シドニアの騎士
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 ケロロ管理人]
[01/16 nas_iron]
[07/01 白石]
[03/11 北大サークル情報局運営委員会]
[09/13 うどんこしょういち]
最新トラックバック
(10/01)
(04/12)
プロフィール
HN:
北のロボット博士
性別:
非公開
自己紹介:
北海道生まれ。
北海道にロボットフィールドを作ろうと日々奮闘中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター